閲覧ありがとうございます/ブログ開設しました

【資産運用】2022年秋 iDecoの会社手続きが不要になる

iDeCoを悩んでる方、お得な資産運用はする方が良い!!

 

 
ぽい
ども、「ぽい」(Twitter:@poipois2525)です。

 

iDecoって知ってるけど会社への手続きが面倒でまだとりかかれていない人も多いのでは?

自分がまさにそれです。

 

今回の記事は、その会社への手続きが来年秋には不要になるということを記事にしてみました。

 

・どんな資産運用が良いのかお悩みの人
・iDecoってやってみたいなぁって思ってる人
・お得な資産運用をお探しの人
 
 

そもそもiDeCoって?

iDeCo(呼称:イデコ)

個人型確定拠出年金のことを指します。私的年金の制度で、加入は任意です。

簡単にいうと、『自分で入って、自分で選んで、年金を作る』

 

 

で、何がお得なのかというと掛金、運用益、給付を受け取るときに、税制上の優遇措置が講じられるからお得なんです。

 

 

現在、日本でお得になることをあげると

●nisa

●iDeCo

●ふるさと納税 

の3つはやっておくとお得になるとされています。

 

老後2000万円問題も、nisaとiDeCoで補えるほどお得です。

 

iDeCoのいいところ

1、掛け金が全額所得控除

将来の年金を運用して積み上げるだけでなく、今の税金も安くなるメリットがあります。

 

 

2、運用益が非課税

iDeCoは非課税なので税金が差し引かれることなく、10万円の利益が出ればそのまま運用に回せるので、効率よく運用できます。

 

 

3、受け取るときも控除

定期的に受け取る(年金)場合には「公的年金等控除」、一時金での受け取る場合には「退職所得控除」という大きな控除の対象となり、税負担が軽減されます。

 

 

4、金融商品が選びやすい

金融商品が限定されているので何を選ぶか決めやすくなっています。

 

5、元本確保の商品も選べる

元本割れは恐いが節税したいと考えている人は「元本確保商品」も選ぶことができます。
iDeCoは「投資信託」商品だけではなく「元本確保商品」の商品も用意されています。元本割れに抵抗がある方には「元本確保商品」である定期預金などを選ぶことができます。
 
 

iDeCoのデメリット

1、加入年齢が決まっている
現在は、60歳までしか加入ができないと決められています。(2022年秋から64歳に改正予定)
 
 
2、原則60歳まで引き出しできない
60歳以降まで引き出すことができません。60歳時点で加入していた期間が10年以上あれば、60歳時点で受け取る権利が得られますが、10年に満たない場合は段階的に最高65歳まで引き出す年齢が遅くなります。
 
3、掛け金の上限が決まっている
毎月の掛金に上限があり最低拠出額は5,000円から個人の属性により1万2,000円~6万8,000円までと異なります。
5,000円以下の少ない掛金を設定することはできません。
 
 

2022年秋にiDecoが変わる!

64歳まで加入できるようになる。
これまで60歳まで加入可能だったが64歳まで加入できるようになるとされています。
  改正前 改正後
加入年齢 20~59歳 20~64歳
企業型DCとの同時加入 勤め先が規約で企業型DCとiDeCoの併用を
認めていることが条件
要件が緩和されて
本人の意志だけで同時加入が可能
受取開始年齢 60~70歳になるまで 60~75歳になるまで

 

上の表でもあるように加入年齢が64歳まで加入可能になります。

 

昔では60歳までだった定年が最近では65歳までになったりと長く働くことになり、加入の年齢も伸びた形になっています。

 

人生100年時代という言葉もあるように人生が長くなってきているんです。

 

これまで、会社に手続きしてもらわないといけないiDeCoを敬遠していた人には朗報です。

本人の意志だけで加入することができるようになるんです。

 

NISAとiDeCoで老後資金を確保しましょう!

 

 

まとめ

iDeCoを生活に取り入れることで老後のための資金を用意できるようになります。

 

改正されることによって加入年齢や受取開始年齢の拡大などでこれまで加入に足踏みしていた人は2022年秋に向けてiDeCoを取り入れることを検討してみてはどうでしょうか。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。
 
今回の記事で来年秋にiDeCoを始める方の後押しなれば嬉しいです。
 

今後も本や日常の生活でタメになる情報を記事にしていきたいと思いますので、また閲覧に来ていただければうれしいです。

 

それでは、また次の記事で会えることを楽しみにしてます。

 

ほな、また!

 

\\参加してます。応援お願いします//

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!
>経済的自由を手に入れる

経済的自由を手に入れる

CTR IMG