閲覧ありがとうございます/ブログ開設しました

【資産運用】ジュニアNISA開設手順

 

 
ぽい
どーもー、「ぽい」(Twitter:@poipois2525)です。
 

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はジュニアNISAについてお話しをしたいと思います。

なぜならジュニアNISAは、まだ間に合うからです。

と、いうのも2023年に廃止が決まったジュニアNISAですが、
18歳まで引き出しができず、運用としては・・・でした。

それが、2023年の廃止に伴い2024年以降は
「いつでも引き出しができるようになりました。」

今から開設して、その時に備えましょう!

 

 

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAとは、未成年の子の名義で開設されるNISA口座です。

一般NISAなどは20歳以上でないと開設できませんが、未成年も利用できる仕組みです。

1年あたり80万円までの買い付けが可能(一般NISAは120万円)

対象は、株式や投資信託が対象となります。

非課税投資期間は5年目の年末までと、一般NISAと同じです。

新たなジュニアNISA枠へ移管するロールオーバー(非課税期間延長)の仕組みもあります。

 

表は金融庁から引用

 

 

ジュニアNISA開設手順

STEP1 証券会社に必要な書類を請求

●未成年総合取引口座開設申込書

申込み後、証券会社から未成年総合取引口座開設書が届きます。

STEP2 NISA口座 必要書類の提出

口座開設申込書を記入して、必要書類を添付して証券会社へ添えて送付。

必要書類

未成年者のマイナンバー通知届出書

  通知カード(表面のコピー)

  個人番号カード(表面・裏面のコピー)

  マイナンバーの記載がある住民票の写し

 

登録親権者(親、後見人)の本人確認書類

 

●登録親権者と未成年者の続柄が確認できる書類

住民票の写し、戸籍謄本および戸籍全部事項証明書は【6ヶ月以内のもの】

STEP3 ジュニアNISA口座 開設の連絡

税務署でジュニアNISA口座開設の確認が完了すると、税務署から証券会社へ非課税適用確認書が交付されます。

交付内容を確認後、ジュニアNISA口座開設が完了したことの案内が届く。

STEP4 ジュニアNISAスタート

資金を証券会社口座に移して買付

資金の移動に子供の銀行口座が必要になるので、
まだ持ってない方は銀行口座の開設もしておこう。

おすすめの証券口座

SBI証券

ぽいもSBI証券でジュニアNISAを開設しました!

楽天証券

ぽいはメインで楽天証券を使っています。

 

 

まとめ

運用に悩んでいる方はまだ間に合うジュニアNISAも

候補の一つにしてみてはどうでしょうか?

長期運用✕非課税は大きな魅力だと思います。

まだ学資保険に入っていないという方はジュニアNISAにしてみるのもありでは?

 

 

今回はジュニアNISAをお伝えしましたが、

これからもお得な情報を発信していきたいと思います。

 

では、また。

最新情報をチェックしよう!
>経済的自由を手に入れる

経済的自由を手に入れる

CTR IMG